公印確認(Authentication)とは?

  外国の機関に日本の公文書を提出する際に、当該外国機関から公文書に対して、在日の

 当該国領事から認証を得るように要求される場合があります。

 在日の当該国の領事が認証した文書であれば、日本の公文書として取り扱って間違いない

 だろうという訳です。

 ところが、在日の当該国領事館でも、日本の役所で発行される文書について、すべて

 把握しているわけではもちろんありません。

 そこで当該在日領事が認証をする前提として、日本の役所の公印をすべて把握している

 日本国外務省の公印確認が要求されることになります。

 日本の外務省が、その文書に押されている印影が日本の役所の印影であると確認(公印

 確認)した公文書に対してのみ在日領事が認証(領事認証)をすれば、日本の公文書で

 あることがより高次に担保されるという仕組みです。